酸化銀の燃焼

国立高等専門学校の過去問(2020年理科)をアレンジした問題です。

三脚の上にステンレス金網を置き、その上にステンレス皿を置いて酸化銀1.00gを入れ、ステンレス金網の下からガスバーナーで加熱したところ、酸化銀が変化する様子が観察された。
同様の実験を酸化銀2.00g、3.00g、4.00g、5.00gについても行い、加熱前の皿全体の質量と加熱後の皿全体の質量とを測定したところ、表に示すような結果になった。

酸化銀の質量[g] 1.00 2.00 3.00 4.00 5.00
加熱前の皿全体の質量[g] 13.56 14.55 15.58 16.54 17.53
加熱後の皿全体の質量[g] 13.49 14.41 15.37 16.26 17.18
1. 加熱前の酸化銀の個体の色は(1)色だった。
2. 酸化銀を加熱すると、個体の色は(2)色になった。
3. 酸化銀を加熱したときの次の化学反応式の(a)から(c)にあてはまる数次の組み合わせはどれか。
(a)Ag2O → (b)Ag + (c)O2
4. 個体が金属であることを調べる方法とその結果として適切なものを3つ選べ。

前の記事

地震

次の記事

水溶液