武士と民衆の生活

鎌倉時代の武士は、惣領(そうりょう)が中心になって一族をまとめ、馬や弓矢の武芸にはげみました。鎌倉時代の民衆に関しては、農業が発展し、人々が集まって市もひらかれるようになりました。武士と民衆の生活について、正しいものを選びましょう。

武士と民衆の生活を攻略

1. 同じ田畑で米と麦を交互に作ることを何というか?
2. 交通の便利なところに開かれる市を何という?
3. 鎌倉時代の武士に育ってきた、名誉を重視し、恥を嫌う態度や武士らしいこころ構えを何という。

前の記事

武士政権の成立

次の記事

鎌倉時代の文化と宗教