スピード暗記 ヨーロッパ人との出会いと全国統一

「●●●」をクリックすると、答えが表示されます。

中世のヨーロッパでは、キリスト教が●●●●●●に分かれていました。●●●教会の頂点に立つ●●●は大きな権威を持っていました。キリスト教の聖地である●●●●●●教によって奪われると、●●●教では●●●を組織してエルサレムを目指しました。

古代の文化を手がかりに新しい考え方を探る文学や美術を●●●といいます。

16世紀、教皇が●●●を売り出すと、これを批判して●●●●●●●●●改革を始めました。彼らは●●●と呼ばれました。

●●●では、●●●などの宣教師を派遣してアジアへキリスト教を布教しました。

15世紀では、大航海時代となりました。ヨーロッパ人の目的はキリスト教を広めること、●●●を手に入れることでした。コロンブスは●●●の島に到達し、●●●は世界一周を成し遂げました。

●●●では、●●●人を乗せた船が流れ着きました。これによって、●●●が全国に広まりました。

日本は、●●●●●●と貿易を行いました。この貿易を●●●貿易、ポルトガル人やスペイン人を●●●人と呼びます。

●●●は、●●●の戦いで今川氏を破りました。さらに、●●●を使った戦い方によって●●●の戦いで●●●氏を破りました。

城下町には●●●の政策を立て、自由な商工の発展を図りました。

●●●は信長の後継者となり、全国統一を完成しました。この時代を●●●時代といいます。

●●●●●●を行い、土地を調べました。また、米の単位を●●●で表しました。その他にも、刀狩を命じて一揆を防ぎました。これを●●●といいます。

●●●文化では、城が多く建てられ、ふすまや屏風には●●●などの画家によって華やかな絵が書かれました。●●●は茶の湯を確立させました。

ヨーロッパから影響を受けて成立した文化を●●●文化といいます。

前の記事

中国の王朝