鎌倉時代の文化と宗教

鎌倉時代になると、貴族は調停の文化を見直すようになりました。また、武士や民衆の力が伸びてくるとともに、親しみがあり、力強い感じをあたえる文化も生まれてきました。鎌倉時代の文化と宗教について、正しいものを選びましょう。

鎌倉時代の文化と宗教を攻略

1. 後鳥羽上皇の命令で編集された和歌集を何という?
2. 金剛力士像など力強い彫刻作品を制作したのは誰?
3. 琵琶法師によって語り継がれた武士の戦いが描かれた軍事物の文章を何という?
4. 親鸞が開いた宗派は何?
5. 法然が開いた宗派は何?
6. 一遍が開いた宗派は何?
7. 栄西が開いた宗派は何?
8. 道元が開いた宗派は何?
9. 日蓮が開いた宗派は何?

前の記事

武士と民衆の生活

次の記事

モンゴルの襲来と日本